本文へスキップ

創業百余年、東根温泉開湯からの「信用と伝統」の老舗旅館

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0237-42-1411

ご予約はこちら

さくらんぼ東根温泉 青 松 館

   歴史/東根の季節の便り






 
 
   [東根温泉と青松館略歴 ]

 明治42年から翌43年の両年にわたる大干ばつの折り、潅がい用水の確保のために掘削された井戸が、当「東根温泉」の発端となりました。
 東根温泉は、山形盆地の北端の穏やかな田園風景の中にあります。周囲には、蔵王・朝日・月山をはじめ、山形県内の名山が一望されます。 
 かつて、この地を訪れた(当館に宿泊)作家・宮本輝は、その随筆「黯い道」の中で、東山魁夷の名作「道」を連想し、そして描いている「夕暮れ時の風景」は、今もなお残っています。
 当館の東側には奥羽山系の山並みが望めます。山形盆地を奥羽山系と平行に走る断層の上に、東根温泉があります。
 当館は、温泉湧出の翌年明治44年に創業致しました。以来、この地にて『信用』を旨としてお客様をお迎えしております。今後とも、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。
                        -館主敬白-   
  

特産 さくらんぼ
( 6月中旬~7月上旬 )

 東根のシンボル
日本一の大けやき
 ( 特別天然記念物 )
東根の季節の便り
 初冬の光専寺と旧内堀跡    初 時 雨


 いつしか、山々の頂きも白くなりました。
 日増しに募る寒さと伴に、景気がなかなか回復しない中、田舎の低迷が特にひどく感じられてなりません。
 初冬の「初時雨」にことさら寒さが身にしみるころ、益々「温泉」が恋しくなります。
 湯に浸かり、温まった体には「熱燗」が似合います。 「初時雨」の静かな夜、「一茶」を忍び杯を傾け、一時の寛ぎと暖かさで「来るべき夢」を紡ぎたいものです。


  座敷から湯に飛び入るや初時雨
          一 茶


 間もなく、新しい年、を迎えます。その頃は、この山形も白い真綿の「雪」に覆われます。厳しいながら、いとおしい「季節」ともなります。そしてまた、この鬱積した世の中を脱して「希望に溢れる年」になることを今年もひたすら望むばかりです。  
 
 ■ 冬の陽の薬師寺(旧国分寺)
お知らせ 2017年1月15日
サイトを新装オープンしました。

information
店舗情報
 政府登録国際観光旅館
 青  松  館

〒999-3702
山形県東根市温泉町
      一丁目20番1号

  TEL.0237-42-1411
  FAX.0237-41-231
3
→アクセス

   【 ご 紹 介 】
・山形観光の起点に、保養・お仕事 に「寛げる宿」です。 

・お一人様よりお泊まり頂ける「常連 さんの多い宿」です。
食泊分離方式で、「お泊り」も「ご会食」も、お好みの利用ができます
LAN接続が可能なお部屋を準備いたしました

・新しい時代の「こころから癒される旅館」を求め、次の課題に取り組んでいます。
 ① 適正料金(低料金)で質 感のある旅館であること
 ② 環境に優しい旅館であること
 ・温泉熱を有効利用します。
 ・生ゴミをゼロに近づけます。
 ・純せっけん等を利用します。